運転 燃費

運転の仕方で燃費が変わる

まず、燃費は人間と共通するところがあり、たとえば体の大きい人ほど良く食べるものですが、
自動車も結局同じなんですね。

 

重たい車、つまり大きいエンジンの車ほどガソリンを消費します。
大きい車ほど動かす部品も多いですし、車のボディーだって頑丈で重たくならざるを得ませんので、
これはお分かりいただけますね。

 

じゃあどうしようもないよね・・・
と、大きい車に乗ってる方はきっと思われるかもしれませんが、
でも運転の仕方次第では燃費が良くなることも多々あるのです。

 

たとえば発進の時ですが、ガソリンはアクセルペダルの踏み始めに「濃いめ」に使われそうです。
それが走り出していくと徐々に「薄く」なるようになっています。

 

たとえば街中走行の場合は、よく元気よく飛び出す車がありますが、
しかしどうしてもすぐに信号での停止が必要になりますよね。

 

じつはこの走り方が、最もガソリンを消費するそうです。
まずはのんびり加速したほうが燃費はよくなるってわけですね。

 

それからなるべく車体が軽いほうが基本的には燃費は良くなるので、
普段から重たい車を常に積んでいるような場合は、取り除き軽くすれば、
多少なりとも燃費が良くなる計算になります。