日産エクストレイルの買換えを検討

日産エクストレイルの買換えを検討

去年の夏ごろの話ですが、当時乗っていた日産エクストレイルの買換えを検討し、買取査定してもらったことがあります。一括査定サイトを利用し、最も高い見積もりを出してくれた業者の方の話によると、買取する季節も、重要な査定ポイントだということでした。
具体的な話ですと、私がその時に売ったエクストレイルはアウトドアに向いた車ですので、やはり夏になると需要が高くなるそうなのです。ですから、春から梅雨時期が一番高く買い取ってくれるらしく、今後の買取の参考にしようと考えています。誰でも車の査定では、可能な限り高値をつけてもらいたいものですが、そのための話の進め方と手順を知っておく必要があります。まず最初に、いくつかの業者にあたって、価格の話をすることなく、見積もりだけしてもらいます。

 

そしてそれらの中から一番高い金額を目安として業者との価格交渉をしていきます。
話がいい具合に進むと、一番高い査定額から、さらに上乗せされた金額を引き出せるかもしれません。でも、何度も同じ業者相手に行う方法ではありません。

 

車を売る気はないなどと思われることもあるため、あまりしつこくアタックするのはおすすめできません。

 

車のローンを払っている最中というのは、車がローンの担保になっています。
つまり、こうしたローン返済中の車を売る時には、所有権を得るために、残債を清算しなければなりません。
とはいえ、今は多くの車買取業者が買取額の中からローン完済分を立て替えてくれます。同時に、所有者の移動手続きも行ってくれますので簡単です。
買取金額とローン清算額の差額分を買取業者に清算するか、もしくは、クルマの売却額がローン分を上回れば現金として受け取るのか、どちらかになります。

 

妻の第二子の妊娠がわかったのを機に、もっと荷物が運べて大勢乗れる車に買い替えました。

 

それは良いのですが、下取りしてもらうのだから出費が減って有難いぐらいに考えていましたが、買い換え自体初めてだったので、「値引きできない分、下取りのほうをアップしました」と言われ、その額で即決してしまったのです。

 

 

妻は、下取りイコール値引きだとしか考えていませんが、僕はそうではないと思うんです。

 

 

車買取のほうも検討してみるべきだったといまさらながらに後悔したものでした。
買取で良い値段が付く車の代表といえば軽自動車を置いて他にありません。

 

「安さ優先で、日常の足となる車が欲しいというお客様に売れる」「そのまま店で代車として使うこともできる」という話は中古車業者の間でもよく言われているようです。
最近は、軽自動車といっても車体の大きいものが増えてきたので、家族連れからの需要も意外とあるようです。
軽自動車は燃料費や税金の負担が軽く、飛ぶように売れるので、それだけ買取査定でも有利になるのでしょう。

 

ムーヴ買取